引っ越しや新居で神棚を飾る時は

昔は引っ越しや新居に移動する際、神棚の位置に非常に気を使ったと言われています。しかし、現代においては神棚のある家庭はずいぶん少なくなってきました。そして同時に、神棚の祀り方も知らない人が多くなっているのでしょう。
神棚にはよく見る種類として、お札を入れる小さな社のようになっている部分が一つのものと、三つのものがあります。三つのものの場合、中央の社には「伊勢神宮」のお札を入れます。そして向かって右側には「氏神」のお札を。向かって左側には「崇敬する神社」のお札を入れるように決まっています。社が一つのものの場合は、基本的に伊勢神宮のお札を入れますが、三種のお札がある場合は上から順に伊勢神宮、氏神、崇敬神社の順に納めます。
そもそもの神棚の設置位置も決まっており、部屋の北側か西側だけになっています。同じ部屋にお仏壇があっても構わないのですが、向かい合わせの位置にはならないように気をつけます。トイレと背中合わせになる位置も避けます。このように何気なく見る神棚も、その取り扱いに厳格な決まりが存在するのですね。もし何かわからないことがある際は、神棚を取り扱うお店に色々聞いてみるといいでしょう。最近は神棚の通販を行うお店も存在するので、聞くのと同時に実物を購入できるのが嬉しいですね。