賃貸物件の更新と退去

契約期間と更新料

賃貸物件には契約期間というものがあります。その期間の多くは2年に設定されており、賃貸物件に住んだことのある人であれば、2年ごとの契約更新というのは身に覚えがあるでしょう。そして契約更新時には、賃貸料金とは別に更新料が必要となる場合があります。これは地域によっても異なり、更新料不要の物件もありますが、関東などでは賃貸料金の一ヶ月分が更新料として設定されているのが一般的です。
更新料の準備をしていなかったがために、契約更新の通知が来たタイミングで慌ててその工面をする、といったケースがよく見られます。仮に更新料が賃貸料金の一ヶ月分であった場合、契約更新時には毎月の支払いが倍増することになります。きちんと把握できておらず、急な出費となってしまっては大変です。契約期間や契約内容をしっかりと把握しておき、更新料が必要であれば滞納することのないよう、事前に準備しておくことが大切です。

更新時の契約について

更新の際、新たに契約書が提示された場合にはしっかり内容を確認する必要があります。最近では現状維持が一般的ではありますが、社会情勢などにより賃貸料金が変動することもあります。もちろん契約を更新しないという選択もできますが、その場合には新しい住まいを探して引っ越しの手筈を整えておく必要があるため、やはり事前の準備が欠かせません。また、更新料が必要となった場合、資金不足などによって支払いを滞納してしまうと、強制的に契約解除されてしまう可能性も無いわけではありません。日常生活の拠点となる大切な住まいのことでもあるため、その契約期間については日頃から意識しておいたほうがよいでしょう。

退去についての心構え

賃貸物件の契約更新をしない場合には契約解除となり、その物件から退去することとなります。契約解除にも当然手続きが必要となります。また、契約期間満了による解約であっても、その申し出について基本的なルールが契約書で取り決められていることが多いため、注意が必要です。契約書の確認をしたうえで解約を申し出た後、引っ越しの段取りを組み、退去日などを決定します。退去にあたっては室内状況の確認や敷金の清算などのため、貸主や不動産会社による立会いがされるのが一般的です。清掃などによって室内状況を整えておくことや、鍵の返却など立会いに必要なものの確認など、最後までしっかりと準備をしてから臨みましょう。

阿倍野区の中古マンションを扱っている天王寺区の不動産